はじめに

WEBサイト制作の主流はどんどん変わってきています。

ほんの数年前まで、トップ画面によく使用されるスライドショーや
アニメーションするメニューなどの作成に主流であった
Adobe Flash(Shockwave Flash)は、
iPhoneが消費電力などを理由に頑なに取り入れず、
過去はFlash対応を謳っていたAndroidもサポートを取りやめ、
PC用ブラウザですら、相次ぐ深刻な脆弱性などを理由に
標準サポートを取りやめる流れとなっています。
YouTubeなども、元々はFlashで作成されていましたが
今ではFlash不要となっています。

そのため、現在は、スライドショーなどを作成するには
JavaScriptが必要になっています。
既に作成されたフリーのJavaScriptなどを利用されている方も多いと思いますが、
思ったように設置できず、そこに時間がかかってしまう事も多いのではないでしょうか。

ここでは、Webサイトの作成を行っているけれど、プログラムは未経験の方のため、
プログラムの基本を説明し、そのプログラムが、大体何をしようとしているのか、
程度が理解できるような解説をしたいと思っています。

プログラムの基本だけでも理解することにより、
例えばフリーのJavaScriptを設置する際、うまく動作しない時に
なぜ動作しないのかが分かるか分からないかで、
その作業にかかる時間をかなり軽減できるのではないかと思うからです。